【ブックアプリ】「あがり」は味方にできるのダウンロード・再生

シェア記事:

無料书籍Appの「あがり」は味方にできる|記事Game

国民の約8割が自分を「あがり症」と思っている日本人。

「ここ一番」というときにやってくる「あがり」は、誰もがついネガティブにとらえてしまいがちです。

しかし、あがったときの「嫌な考え」(認知的不安)と「心臓のドキドキ」(生理的覚醒)をコントロールすれば、

自己紹介やプレゼン、スポーツといった様々な場面で、最大限の実力(ピーク・パフォーマンス)を発揮できます。

本書では、長年「あがり」を研究する心理学者が、緊張や不安と混同されがちな「あがり」の本質をわかりやすく解説。

無料书籍Appの「あがり」は味方にできる|記事Game

誰にでも実践できる、「あがり」を味方につけるための9ステップを紹介します。

【著者プロフィール】

◇有光興記

1971年、兵庫県生まれ。駒澤大学文学部心理学科准教授。

無料书籍Appの「あがり」は味方にできる|記事Game

「あがりの研究がアスリートや対人恐怖症分野に偏りがちな日本において、

日常の様々な場面での「あがり」を科学的に研究する専門家。

「社会心理学」「臨床心理学」などの講義のほか、「カウンセリングオフィスせたがや」にて一般の相談者にカウンセリングを行う。

無料书籍Appの「あがり」は味方にできる|記事Game

著書は単著に『“あがり”とその対処法』(川島書店)、編著に『自己意識的感情の心理学』(北大路書房)などがある。

電子書籍、緊張、挨拶、対人不安、あがる、口ベタ、人見知り、コミュニケーション、メディアファクトリー、メディアファクトリー新書

無料书籍Appの「あがり」は味方にできる|記事Game

「あがり」は味方にできる APPの詳細情報

书籍の「あがり」は味方にできる LOGO-記事Game
App QRCode
书籍の「あがり」は味方にできる QRCode-記事Game
配信国
未知
App支援システム
Android
Google Play
Appのバージョン
1.0.0
Appをダウンロード
料金
JPY$667.0
評価します
10%
オンライン日付
1970-01-01
更新しました
2015-01-15
シェア記事: