hisatsune katsuhiro

青空文庫 みにくいアヒルの子 (2 2)

青空文庫 醜い家鴨の子 の読み物アプリを作りました。醜い家鴨の子 は クリスチャン・アンデルゼン の 童話で菊池寛が翻訳しています。それは田舎の夏のいいお天気の日の事でした。もう黄金色になった小麦や、まだ青い燕麦や、牧場に積み上げられた乾草堆など、みんなきれいな眺めに見る日でした。こうのとりは長い赤...

青空文庫 眠る森のお姫さま ペロー 楠山正雄訳

青空文庫 眠る森のお姫さまペロー Perrault 楠山正雄訳の読み物アプリです。 むかしむかし、王様とお妃がありました。おふたりは、こどものないことを、なにより悲しがっておいでになりました、、と 眠る森のお姫さま の話は展開していきます。楠山正雄は東京の銀座で生まれています。父親は印刷会社を経営し...

青空文庫 魔術 芥川龍之介

青空文庫 魔術芥川龍之介の読み物アプリを作りました。ある時雨の降る晩のことです。私を乗せた人力車は、何度も大森界隈の険しい坂を上ったり下りたりして、やっと竹藪に囲まれた、小さな西洋館の前に、、と青空文庫 芥川龍之介の魔術 は展開していきます。芥川龍之介の芥川賞は昭和10年に直木賞と同時に芥川龍之介の...

青空文庫 藪の中 芥川龍之介

青空文庫 藪の中 芥川龍之介の読み物アプリを作りました。検非違使に問われたる木樵りの物語 さようでございます。あの死骸を見つけたのは、わたしに違いございません。わたしは今朝いつもの通り、裏山の杉を伐りに参りました。すると山陰の藪の中にあの死骸があったのでございます、、青空文庫 藪の中 芥川龍之介の小...

青空文庫 駈込み訴え 太宰治

青空文庫 太宰治の 駈込み訴え は申し上げます。申し上げます。旦那さま。あの人は、酷ひどい。酷い。はい。厭な奴です。悪い人です。ああ我慢ならない、、と太宰治の 駈込み訴え は展開していきます。青空文庫 駈込み訴え 太宰治 APPの詳細情報App LOGOApp QRCode配信国未知App支援システ...

青空文庫 ふしぎな岩 林芙美子

夜になって、ふしぎな岩は、そっと動きはじめました。岩が動くってへんですね。あわいお星さまをすかして、霧のような山風が、ひくい谷間から、ごう、ごう、ごうと吹きあげています。どこかの森の方で、、、と林芙美子のふしぎな岩の話は展開していきます。青空文庫 ふしぎな岩 林芙美子 の読み物アプリです。青空文庫 ...

青空文庫 走れメロス 大宰治

メロスは激怒した。 必ず、かの邪智暴虐の王を除かなければならぬと決意した。 メロスには政治がわからぬ。 メロスは、村の牧人である。笛を吹き、 羊と遊んで暮して来た。けれども邪悪に対しては、 人一倍に敏感であった。 きょう未明メロスは村を出発し、 野を越え山越え、 十里はなれた此のシラクスの市にやって...

青空文庫 桃太郎 芥川龍之介

桃太郎は童謡とか童話でおなじみですね。童話では、むかし、むかし、あるところに、お婆さんとお爺さんがいました。お爺さんは山に芝刈りに、お婆さんは川に洗濯に行きました、、こんな感じで子供のころに、話を聞いたような記憶が有ります。芥川龍之介の桃太郎は、むかし、むかし、大むかし、ある深い山の奥に大きい桃もも...

青空文庫 かえるの王さま グリム 楠山正雄訳

青空文庫 かえるの王さま グリム 楠山正雄訳 の 読み物アプリです。 むかしむかし、 たれのどんなのぞみでも、 おもうようにかなったときのことでございます。 あるところに、 ひとりの王さまがありました 。その王さまには、 うつくしいおひめさまが、 たくさんありました。 そのなかでも、、、 と かえる...

青空文庫 戦争責任者の問題 伊丹万作

青空文庫 戦争責任者の問題 伊丹万作の読み物アプリです。 最近、自由映画人連盟の人たちが 映画界の戦争責任者を指摘し、 その追放を主張しており、 主唱者の中には私の名前も まじつているということを聞いた。 それがいつどのような形で発表されたのか、 くわしいことはまだ聞いていないが、それを見た人たちが...